着物の宅配レンタルなら京都かしきもの

七五三って何歳でお祝いするの?

七五三

七五三は、3歳、5歳、7歳のタイミングでお子様の健やかな成長を神様に感謝しお祝いをする伝統的な行事です。
七五三を迎えるお子さまをお持ちのママとパパの中には、七五三をいつおこなうのか、数え年で行うのか、満年齢で行うのか、
そしてどのようなことをするのかなど、考えることが多く、悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、七五三を行う時期や費用などについて詳しく解説します。
 

 

1. 七五三とは

 
七五三は、主役であるお子さまがフォーマルな衣装を着て、ご家族揃ってお祝いするのが一般的です。
初めに七五三における3歳・5歳・7歳それぞれの儀式の意味を確認しておきましょう。
 

3歳の男の子・女の子「髪置(かみおき)の儀」

かつては、男女ともに赤ちゃんから3歳までは髪の毛を短くそったヘアスタイルが一般的でした。
頭を清潔に保つことで病気の予防になり、健康な髪が生えてくると信じられていたためです。
3歳から髪を伸ばし始める「髪置の儀」にならい、現代では3歳で七五三をお祝いします。
男の子の場合、西日本では3歳から七五三のお祝いをするのが一般的でしたが、東日本では男の子は5歳の頃だけとし、3歳にお祝いするご家庭は少なかったようです。最近は地域を問わず、男女ともに3歳の七五三をお祝いするご家庭が増えています。
 

5歳の男の子「袴着(はかまぎ)の儀」

5歳になった男の子が、初めて袴を身につけるのが「袴着(はかまぎ)の儀」です。
これは袴を左足から入れてはかせた子供を碁盤の上に立たせ、「四方(東西南北の四つの方向のこと)を制する」と願いをこめて祈りを捧げる儀式です。
江戸時代以降から、全国的に男の子中心のお祝いとして広まりました。
この儀式を経て男の子は少年とみなされ、羽織袴を身に着けるようになります。
 

7歳の女の子「帯解(おびとき)の儀」

帯を締め始めるお祝いです。それまでは付け紐で着物を着ていた女児が、この歳より付紐のある着物をやめ、本式の帯を締める着物に切り替えます。
これを「紐解き・帯解き」などといいました。この日からは一人で帯を結べるようになり、一人前の人間として社会に認められる、けじめの儀式です。
現代において帯解の儀は、幼児から少女へと成長するお祝いとして定着しています。
また最近では、7歳の男の子に対して七五三をお祝いするケースも珍しくありません。
 
【合わせて読みたい関連記事】
七五三のコンテンツ「七五三とは」

 

2.七五三のお祝いする年齢

 
昔は、数え年の7歳・5歳・3歳をそれぞれ節目としてお祝いされていましたが、現在は満年齢でお祝いする方も多くいらっしゃいます。
七五三のお祝いは数え年、満年齢どちらの年齢で行わないといけないという明確なルールはありません。
ただ、地域の風習でお祝いする年齢が決まっていたり、しきたりを重んじるご家族であれば昔のしきたり通り数え年で行われる場合もあるでしょう。
他にもお子様の成長・ご家庭のご事情・兄弟姉妹やお友達と一緒に・・・などの事情で七五三をお祝いする時期も異なってくる場合があります。
大切なことはお子様やご家族にとってより良い時期にお祝いしてあげることです。
それを踏まえて、【満年齢】と【数え年】どちらがいいのか、それぞれの メリット・デメリットを紹介してまいります。
 

【満年齢】とは?

現代の年齢の数え方で、生まれた日を0歳とし誕生日を迎えるごとに年齢を1歳重ねていくという考え方です。
 
●満年齢のメリット
お祓いや参拝、写真撮影など長い時間を過ごしても年齢に成長が追いついているので、落ち着いて応対できるお子様が増えてきます。
また、3歳のお祝いでは髪置きの儀と言って髪を結いますが、満年齢だと髪の毛も伸び、量も増えるのでお子様自身の髪でヘアアレンジも楽しんでいただけます。
 
●満年齢のデメリット
子どもの成長はとても早いです。特に3歳は、急成長を見せる時期でもあるので、あどけなさは感じられないかもしれません。
また、5歳の男の子のお祝いとなるとお子様によっては小学生並の体格になっている場合もあり、レンタル商品では対応サイズが見つけにくくなる可能性が
あります。
 

【数え年】とは?

誕生日で歳を数えるのではなく、生まれた日を1歳とし元旦を迎えるたびに年齢を1歳重ねるという考え方です。
数え年で考えると、12月生まれのお子様は翌年の1月には2歳と見なされます。
昔は満年齢ではなくこの「数え年」で七五三を行うのが正式なお祝いの仕方とされていました。
●数え年のメリット
お子様のあどけない表情を写真などに残しておきたいと思うのであれば、数え年でお祝いするのがおすすめです。
 
●数え年のデメリット
お祓いや参拝、写真撮影の時には、お子様のその日の機嫌や体調によって左右されることがあります。
特に数え年の3歳は実年齢が2歳となるので、イヤイヤ期の真っ最中です。
また、お昼寝が必要なお子様であれば、その時間にご祈祷が重なってしまうとぐずってしまう可能性があります。
 
ご家庭や地域によってさまざまですが、七五三をお祝いする年齢で多いのは、男の子では3歳と5歳、女の子では3歳と7歳ではないでしょうか。
地域の風習に合わせても問題はなく、ご家庭の都合やごきょうだいとの年齢差を考え、時期をずらしてお祝いするのも間違いではありません。
いつ七五三参りを行うのか、ご紹介したメリット・デメリットを参考にご家族に事前に相談されると安心ですね。
 

3.七五三の費用はどれくらい?

 
子供の成長をお祝いする七五三ですが、やはり多くの費用がかかってしまいます。
初穂料や食事会、衣装、ヘアセット、着付け代を合わせると総額は約10万円以上になる場合もあります。
しかし、京都かしきものであれば、フルセットレンタルが4,950円~。通常のご予算よりもお安く着物をレンタルすることができます。
また、着物のレンタル料だけでなく、動画や着付けシートを同封させていただいているので、お子様の着付けをご家庭ですることができます。
そのため、衣装代と着付け代を安く済ませることができます。
またご自身でお子様の着付けをする事も素敵な思い出になるでしょう。
 
七五三撮影
 

4.費用を抑えるなら前撮り撮影・後撮り撮影

 
フォトスタジオは、七五三シーズン以外の時期はお得なキャンペーンが展開されていたり、予約が取りやすかったりします。
ハイシーズンはスタジオの料金設定も高くなりますが、時期をずらして前撮りや後撮りをすることでスタジオ代も安く済ませることができます。
また前撮りで着物を着ておけば、お子様の着物リハーサルにもなります。
初めての着物でのお参りとなると、お子様にとっては緊張と不安でこころから楽しむことはできません。
実際に草履などを履いておくことで、歩くことが難しそうであれば、お参り当日は普段履きなれている靴を準備したりと対策することもできますね。
 

5.家族の服装

 
七五三の前撮りで家族そろって写真撮影に臨む場合、お子様は晴れ着姿ですので、それに合わせた上品なコーディネートになるように心がけましょう。
パパ(お父さん)・おじいちゃん(祖父)はダークスーツがおすすめです。
ママ(お母さん)・おばあちゃん(祖母)は和装の場合は訪問着や色無地など、洋装の場合は落ち着いた色味のワンピースやスーツがおすすめです。
主役のお子さまよりも格上の衣装や、派手な印象の衣装にならないように、華美すぎず控えめで淡い色を選ぶようにしましょう。

そして京都かしきものでは現在、七五三セット割キャンペーンを実施しております。
七五三セット割キャンペーンでは七五三着物を二着以上、又は七五三着物とお好きな着物を一緒にレンタルで合計金額が16,500円(税込)以上の場合2,000円OFFにさせていただきます。
ぜひ七五三の機会にお子様だけでなく、ご家族、ご兄弟で着物を着られてはいかがでしょうか。
 

ただいま七五三セット割キャンペーン中!

七五三セット割キャンペーン

*他のキャンペーンとの併用や、他のクーポンや割引との併用はできませんのでご注意ください。
 

6.まとめ

 
七五三のお祝いに明確な決まりはないため、ご家庭の状況や考え方に合わせてお祝いしても問題はありません。
年齢の近いごきょうだいであれば、タイミングを合わせてお祝いするのも選択肢のひとつです。
上のお子さまが満年齢で、下のお子さまが数え年のタイミングでお祝いをするパターンでもかまいません。

京都かしきものでは、1500点以上の七五三着物をフルセットレンタル4,950円からご用意しております。
またレンタル頂いた着物はクリーニング不要で届いたバッグに戻していただきご返却いただくだけ。
返却時も同梱の伝票を使えば送料無料で返却可能。
ホームページからお好きな着物をお探しいただき、とっても便利な宅配レンタルを是非ご利用ください。
皆様の七五三が素敵な思い出となりますように。
 


 

七五三着物一覧はこちら

七五三男児三歳はこちら
七五三三歳女児はこちら
七五三五歳男児はこちら
七五三七歳女児はこちら

おすすめの訪問着はこちら

訪問着レンタルはこちら
 


七五三レンタルは全国対応!

≪往復送料無料地域≫
青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県

 
この記事を監修した人
この記事を監修した人
越子(えつこ)

着物に携わること50年。着物の仕入れやコーディネート・着付け・リメイクまで幅広くこなします。自分の着付けはもちろん、友人や親戚から着付けを頼まれることも。 趣味は友達と着物で京都散策をすること。 お抹茶と和菓子が好きです。
◆資格・免許◆日本和装協会認定資格/染織補正士/きもの文化検定/和裁技能士

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic

  • 往復送料無料

    往復送料無料
  • 3泊4日レンタル

    着用日2日前にお届け
    着用日翌日に返送
  • フルセットレンタル

    着付けに必要なものを
    全て入れてお届け
  • クリーニング不要

    着た後
    そのまま返却OK
  • 安心パック無料

    不慮の汚れも安心
    安心パック適応内は
    安心パック無料
  • 楽々返却

    コンビ二から返却OK
    ご自宅に集荷もOK