¥0
¥300000
  • お宮参り(通年)
  • 結婚式
    • 未婚女性
    • 既婚女性
  • 七五三
  • 結納
  • 卒業式
    • 小学生
  • 入学式
  • パーティー・祝賀会

身長

指定なし

ヒップ(11才以上)

指定なし

胴囲(3才~10才のお子様のみ)

指定なし

振袖とは

振袖(ふりそで)とは、袖丈を長くして仕立てた長い袂 (たもと) のある袖をつけた和服をさし、一般的には大人の未婚女性の第一礼装となります。主に、20歳を祝う成人式や結婚式の披露宴でよく着用され、式典への出席、発表会などでも見かけることがあります。本来の振袖は「若い女性の着物」であり、未婚・既婚の制約はないそうですが、近年では、女性の社会進出により、キャリアを持った20代後半から30代の若々しい未婚女性もたくさんおり、振袖を着ることはごく普通のこととなってきています。

振袖の由来

現在の振袖は江戸時代頃に一般化したもので、江戸時代初期に若い女性が着る正装の和服の袖丈が長くなっていったことが背景にあります。初期には55cm~95cm程度であった袖丈が、江戸末期には95cm~122cmまでになったと言われています。現在は最も袖の長い大振袖で114cmくらいです。袖丈が長くなった理由には諸説ありますが、世の中が安定するにつれて文化に対する関心が高まり、舞踊などを習わせる際に身振りをより美しく見せるためだったという説や、年頃の娘の病が多く、長い袖で厄を振り払うためだったという説などがあります。

 

袖(そで)にまつわる恋愛模様

異性を「振る」、「振られる」といった言葉の語源には、振袖の袖を振ることで感情表現をしていたことと言われています。女性側から思いを伝えることがはしたないとされていた時代に、袖を左右に振ると「好き」、前後に振ると「嫌い」、というような形で意思表示をしていたようです。未婚女性の第一礼装が「振袖」になり、既婚女性の第一礼装が「留袖」になるのは、結婚すると男性に意思表示をする必要が無くなるので長い袖を留めるといった話や、夫ひとりに思いを留めることを誓ったという話から来ています。

振袖の種類は大きく分けて「大振袖」「中振袖」「小振袖」

大きくは「袖」の長さの違いで、格の違いは大振袖>中振袖>小振袖とされています。

■大振袖(おおふりそで)/本振袖(ほんふりそで)

・・・ 袖丈110cm前後/身長の約7割位、ふくらはぎぐらいまで 最も格式の高い振袖で、本来、五つ紋で絵羽柄(全面に柄をあしらったもの)が正式とされています。結婚式で花嫁が着用することが主となっていましたが、近年では成人式にも大振袖が多く着られるようになりました。現在では紋は省略されている事が多いようで、一般的に言う「振袖」がこれにあたります。

■中振袖(ちゅうふりそで)

・・・ 袖丈90cm前後/膝ぐらいまで
大振袖に次ぐ礼装で、結婚式の出席や成人式など、大振袖と同じく正式な儀式の場に着用します。かつては、成人式などの儀式には中振袖が一般的でしたが、女性の身長が昔と比べ格段に伸びた事などから、現在、生産されている振袖のほとんどが大振袖です。

■小振袖(こふりそで)

・・・ 袖丈75cm前後/着る人の身長の半分位 パーティーなど、気軽に礼装を楽しみたい場合に着用します。あまり堅苦しくなく振袖を楽しめます。小振袖が好みの方は、一般的な振袖を、袖丈の寸法を短く指定して仕立ててもらうことが多いようです。袖丈が短いので、可愛らしいイメージになり、観劇やお茶会など、気軽なお出かけに着用されています。

近年では成人式や結婚式の披露宴など式事の場で、未婚女性が着る礼装として振袖を着ることが好まれています。この場合の「振袖」は紋のない略式の大振袖ですが、使い方としては中振袖に近いかも知れませんね。 また現在、一般的に言われている「二尺袖(にしゃくそで)」(の着物)は小振袖とは違い、卒業式などでよく着用される女性の袴に合わせる着物のことを指します。もちろん女性の袴姿に振袖を合わせられる方もいらっしゃいます。

振袖レンタル

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic