七五三の着物の着付けは美容院で?それともお家?「衣装だけをレンタルしたいけど、自宅で着付けできるのかしら?」そんな方も多いのではないでしょうか。
3歳女の子の七五三着物は着物の着付けの知識がなくても比較的簡単に着付けていただけます。
イラストとともに着せ方をご紹介させていただきますので、ぜひ参考になさってくださいね。
京都かしきものでは、七五三着物をご予約のお客様に、着物と一緒にイラスト付きの着せ方シートをお届けいたします。

NEWS!!

着せ方動画公開しました!

3歳女の子の着付け方

着物を着る前に

七五三三歳の着物

着付けを始める前に、お子さんのトイレをお済ませください。ヘアアレンジやメイクも着付け前がおすすめです。普段お使いの肌着、下着をお召しください。足袋を履かせてください。京都かしきものでは、ストレッチ性のあるソックスタイプの足袋をプレゼントしています。

長じゅばんを着せる

七五三三歳の着物

背ぬい(長じゅばん背中側の真ん中の縫い目)が背中の中心になるように長じゅばんを着せます。大人の着物のように衣紋(えもん)は抜きませんので、首に沿わすように着せてください。下前(向かって左)が内側になるように、上前(向かって右側)が前にくるように合わせ、腰ひもの全体の長さの真ん中部分を正面から胴に巻きます。

長じゅばんを整える

七五三三歳の着物

腰ひもは後ろで交差させて少し締めて、前に回しちょうちょ結びにします。胸元があきすぎないように注意し、胸のあたりはシワにならないように整えます。

着物を着せる

七五三三歳の着物

長じゅばんの上から着物を着せます。背縫いが背中の中心になるように、衿を合わせてください。後ろ側から見て、長じゅばんの衿は着物の衿に隠れるように合わせてください。合わせた後にクリップ等で着せ終わるまで留めていただくと動かなくておすすめです。丈が長い場合は、腰ひも(2本目)でおはしょりを調整してください。
※身八つ口:身頃の脇のあいている部分。
※おはしょり:着丈の余った部分を腰の上で揚げ折り、腰紐(こしひも)で結んでとめること。

着物を整える

七五三三歳の着物

着物に付いている腰ひもを後ろで交差させ少し締め、前でちょうちょ結びにします。同じくシワを整えます。※腰ひもはあまりきつく締めないようにしてあげてください。

被布を着せる

七五三三歳の着物

着物の上から被布を着せて(ベストのように着せるタイプ)出来上がりです。※京都かしきものの七五三三歳用着物セットは帯なしのタイプです。

キャッシュレス消費者還元事業加盟店

キャッシュレス加盟店ロゴ

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic