十三詣り(十三参り)とは、満13歳の男の子・女の子が知恵と福徳を祈願するため、京都嵐山の虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りをするという行事です。これは成人の儀礼という意味もあり、男の子は羽織袴、女の子は振袖を着て祈願します。

古くは旧暦3月13日(新暦4月13日)にお参りをしていましたが、現在では3月~5月をお参りの期間に参拝するところが多くなっています。

成人の儀として

13歳という年齢は干支が一回りする年でもあり、節目の年齢であると考えられてきました。これを祝い、災厄を祓おうとする祈りが13日と結びついたと言われています。
また、この時に羽織袴や振袖を着るのは大人の着物に袖を通し、成人の仲間入りをする意味があるとも言われています。

京都では

男女ともに満13歳になると4月13日前後の日曜日、桂川にかかる渡月橋を渡り、虚空蔵菩薩に知恵と福徳を願い、お札を頂きます。帰る際、渡月橋を渡っている間は後ろを振り返ってはいけません。この時、後ろを振り返ってしまうと授かった知恵や福徳を返してしまうといわれています。

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic