赤ちゃんの誕生と成長を祈願、初めての晴れの日「お宮参り」について

お宮参りの祝い着(産着)の着せ方とは

お宮参りで赤ちゃんが着る祝い着は、大人の着物のような難しい着方ではありません。赤ちゃんには肌着の上に白羽二重の内着を着せることが正式ですが、現在ではベビードレスやおくるみ、ケープといったものを着せて行うことが多くなっております。大切なことは赤ちゃんを一番に考えることです。当日の天候や体調に合わせた服装を心がけましょう。 よだれかけと帽子をかぶせます。 祝い着と下着が重なった状態で、下着についている紐のみを左右の袖の中にそれぞれ内側から通します。 袖に通した紐と祝い着の紐を重ねて持ち、紐に御守を通しておきます。 抱っこした赤ちゃんを包むようにかぶせ、後ろ肩の方で蝶々結びで結べば完成です。 紐に通すものは御守以外に紐銭やご祝儀袋、でんでん太鼓などがあり、赤ちゃんの額に紅で文字をいれるところなど、地方や風習によって様々な参拝方法がありますので、事前に両親や親戚、お参りをする先へ確かめておくとよいでしょう。

着せ方シート付き!お宮参りの祝い着レンタル・付添い着物レンタル

宅配レンタル京都かしきもの 男の子のお宮参りの祝い着レンタル一覧

宅配レンタル京都かしきもの 女の子のお宮参りの祝い着レンタル一覧

にじいろ祝い着