赤ちゃんの誕生と成長を祈願、初めての晴れの日「お宮参り」について

お宮参りの服装について

お宮参りの服装は、着物でお参りするのが最も一般的です。赤ちゃんの着物は「祝い着(いわいぎ)」「産着(うぶぎ)」「初着(うぶぎ)」「掛け着(かけぎ)」などいろいろな言い方がありますが、全て同じ形をしています。

赤ちゃんの服装

赤ちゃんに掛ける祝い着は一つ身と呼ばれる背縫いの無い豪華な着物で、男の子であれば羽二重地の紋付で鷹やめでたい図柄などの熨斗目(のしめ)模様、女の子であれば縮緬(ちりめん)地に花柄などをあしらった友禅模様となります。
着物の下着と一緒に重ね、特別な着方をします。その時、赤ちゃんは直接着物(祝い着)を着るわけではありませんので、通常はベビードレスやコンビ服などを着せておきます。もちろんおむつも忘れないでくださいね。ベビー服が記念写真に写ることはほとんどないですが、せっかくのお祝いの席ですので、少し豪華なよそ行きのベビードレスで晴れの日をお祝いしてあげるのも良いですね。

最短4日前から予約OK!男の子のお宮参りの祝い着レンタル

両親、祖父母の服装

着物の場合、祖母や母親は訪問着や附下げ、紋付きの色無地がふさわしいでしょう。柄はあまり華美にならないよう、色無地にはおめでたい柄が入った地紋入りのものなどを選び、袋帯にも吉祥文様などが入ったものを締め、上品な装いを心がけましょう。より格式を重んじる際には、留袖や色留袖を着る場合もあります。
着物は着なれていないと身体に負担がかかるものです。必ずしも着物を着なければいけないことはありません。産後の体調や当日の天候などもふまえた上で検討する方がよいでしょう。また授乳中の場合はすぐに脱ぎ着ができる洋装の方がよいかもしれません。洋装の場合はスーツやワンピースといったフォーマルなものを選びましょう。フォーマル向きの授乳服もあるようですので、事前に調べておくのも良いでしょう。
父親が着物を着る場合、御召などの着物と対になっている羽織袴に三つ紋または一つ紋がふさわしくなります。洋装の場合にはダークスーツにネクタイを合わせましょう。
いずれにせよ、主役は赤ちゃんであることをふまえ、氏神様へお参りをするにあたり、失礼にならない服装で臨むことが大切です。派手さを抑えて、上品で落ち着いた装いにしましょう。

お宮参りの付添いにおすすめのレンタル着物

お宮参りの着物は購入とレンタルどちらがお得?

■購入する場合

もともと、お宮参りの際に使用する『祝い着・掛け着』は購入したり、親族から借りて用意することが一般的でした。購入した祝い着は次の子供が産まれた際にも使用できますし、着物の丈が長くあれば七五三の着物へ仕立てかえることもできます。メリットは思い出を持ち続けられる、長く使えて経済的という点。デメリットは保管場所やメンテナンスは自分でしなければならない点といえるでしょう。
購入する場合、一式そろえるとやはりそれなりの価格にはなりますが、大切に保管すれば、次の世代へ受け継ぐこともできます。

■レンタルする場合

最近では気軽なレンタルサービスも利用されるようになってきました。直前の予約にも対応していたり、必要なアイテムは一式揃っているため、事前の準備が楽といった手軽さが人気です。メリットはしまって置く保管場所やメンテナンスの必要がない点。デメリットは手元に残らない、お宮参りをするたびに借りなければならない点などがあげられます。
どちらにせよ、祝い着の柄には男児は熨斗目や兜、鷹などの勇ましい柄、女児は鼓や鞠、花などの愛らしい柄のものがあります。数ある中から我が子に合う1枚を、購入とレンタルのどちらにしようか将来を見据えて考えることも楽しいのではないでしょうか。

着せ方シート付きで、便利な女の子のお宮参りの祝い着レンタル

宅配レンタル京都かしきもの 男の子のお宮参りの祝い着レンタル一覧

宅配レンタル京都かしきもの 女の子のお宮参りの祝い着レンタル一覧

にじいろ祝い着