¥0
¥300000
  • お宮参り
  • 結婚式
    • 未婚女性
    • 既婚女性
  • 七五三
  • 結納
  • 卒業式
    • 小学生
  • 入学式
  • パーティー・祝賀会

身長

指定なし

ヒップ(11才以上)

指定なし

胴囲(3才~10才のお子様のみ)

指定なし

結婚式に参列する親族の和装は「礼装」で

「結婚式」「披露宴」は、新郎・新婦の一生に一度の門出を祝う非常に大切な場。そのため、出席者達は普段着ではない「礼装」の着物を身に付けるのがマナーです。特に新郎新婦の親族・親戚は、結婚式では主役と共にお客様をお迎えする立場であるため、「正礼装」もしくは「準礼装」という礼装の中でも格の高い着物を着用します。反対に招待客(ゲスト)側は主役や親族よりは控えめに、「準礼装」もしくは「略礼装」という一歩下がった着物を選ぶのが原則です。 礼装に使える着物としては「黒留袖・色留袖」「振袖」「訪問着」等がありますが、結婚式に既婚女性が身に付ける着物として一般的なのは「留袖(とめそで)」です。留袖は着物に入る紋(家紋)の数によって格が変わります。 五つの紋が入った黒留袖は「正礼装」で、新郎新婦の母・祖母・姉妹・伯母・叔母等の近親者、そして仲人の奥様が着用するのが原則とされています。一つ紋の色留袖は「準礼装」で、一般的には招待客側の女性が着ることの多い着物です。 なお最近では未婚女性で「色留袖」を選ばれる方も増えており、留袖の選び方のルールにも多少変則が見られるようになってきました。しかし、いずれにしても結婚式に着るのであれば、紋入りの留袖を選ぶのが基本。紋の入らない留袖はどちらかというと観劇や気軽なパーティー向きで、結婚式等のフォーマルな場には向いていません。

新郎新婦の「母親」の場合は"五つ紋"の黒留袖

結婚式では、新郎・新婦とその両親はお客様を迎えるために、礼装の中でも格の高い着物を着用します。主役の2人と両親がその場の誰よりも格の高い服装をすることが、招待客への「礼儀」なのです。 新郎・新婦の母親は、和装ならば「五つ紋の入った黒留袖」を着用しましょう。五つ紋の黒留袖は、着物の中で最も格の高い「正礼装」です。「色留袖/三つ紋」は正礼装より格下の「準礼装」であり、新郎新婦の母親が結婚式に着る服装としては格が下がりすぎます。 周囲の親族が定番礼服である五つ紋黒留袖を着て来たら、最も新郎新婦に近い立場の母親よりも親族の服装の方が格が高くなってしまうのです。なお五つ紋黒留袖と同格の「五つ紋の色留袖」というのは、宮中行事等の非常に高級な催事に使用される着物であり、あまり一般的とは言えません。 また新郎・新婦の両親は、結婚式の場においてその両者が「同格」の服装をすることも大切。母親同士が和装なら、2人が五つ紋の黒留袖で揃えた方が無難と言えます。母親として出席する場合でも、年齢のお若い方だと「黒留袖は渋すぎて…」と敬遠なさる方もいる様子。でも、「黒留袖」でも柄行が鮮やかなものを選び、華やかな帯を合わせれば、若々しく、そして結婚式にふさわしい装いにすることができます。 結婚式用に着物を誂える場合、黒留袖だと長く着ることを考えて渋めのお柄を選び場合が多いですが、お若いお母様であれば、レンタルの黒留袖で、若い方向けのお柄でひざ上程度にまで柄が来る華やかな黒留袖を選んでみるのも良い手ではないでしょうか。

新郎新婦の「親族(姉妹、叔父、叔母)」の場合の着物

新郎・新婦の姉妹や伯母・叔母等の「親族」として結婚式に出る時は、友人や同僚として参列する時とは違い、格の高い「正礼装」もしくは「準礼装」の着物で装うことがマナー。親族の着物として最も一般的なのは、既婚の場合は五つ紋の黒留袖(正礼装)、未婚の場合には振袖(準礼装)です。五つ紋の黒留袖は、今後の親族や親戚の結婚式にも着用できますから、ミセスとなる時に一枚仕立てておくのも良いでしょう。 ただ、親族の既婚女性でも20~30歳代のお若い方の場合、「黒留袖だと渋すぎるかも…」と悩まれることもあるようです。そんな時には、三つ紋入の色留袖(準礼装)がおすすめ。結婚式にふさわしい柔らかで上品な色・柄行を選ぶと良いでしょう。 また元々はミセスのための着物である「留袖」ですが、最近では未婚女性でも「色留袖」を選ばれる方が増えています。「親族として結婚式に出るけれど、振袖はちょっと厳しい!」と思った時には、三つ紋の色留袖を選んでみてはいかがでしょうか。 なお、結婚式における親族の着物については、地域によってかなり考え方の差が大きいもの。中には「親族の女性は全員 黒留袖」としているところもあります。 大切なのは、新郎・新婦両家親族の装いの「格」が合っていること。新郎・新婦両家の着物のルール、お互いの着る服については、結婚式前に確認をしておいた方が安心です。

新郎新婦の「親戚」の場合の着物

最近では近親者のみで結婚式を済ませるスタイルも増えてはいますが、現在においても「親戚」の結婚式に呼ばれるということは多いもの。友人・同僚等、ゲスト(招待客)として呼ばれるのとは違い、親戚の場合には「主催者側」として出席するので、お客様をお迎えするのにふさわしい格の高い装いをするのが結婚式のマナーとされています。 着物の場合、既婚女性であれば五つ紋の黒留袖(正礼装)を着用するのが基本です。ミセスでもまだお若い方であれば、一つ紋か三つ紋の入った色留袖(準礼装)もOK。あまり派手すぎない優しい色合いを選ぶと、ミセスらしく結婚式にふさわしいフォーマルな装いになりますよ。 また、「留袖」はそもそもは既婚女性のための着物ですが、最近は未婚女性の中にも「色留袖」を選ばれる方が増えている傾向にあります。「振袖では派手すぎる…」という時には、一つ紋か三つ紋入の色留袖を選んでみては?未婚女性の方で新郎・新婦から遠い親戚にあたるのであれば、一つ紋以上の紋が入った「訪問着」を着るというのも手です。 ただし結婚式の服装は地域毎に着物マナーの差が大きく、地域によっては「既婚女性は遠い親戚でも全員が黒留袖!」というルールがあるところも。反対にカジュアルな式の場合、新郎・新婦や親族も略礼装等の気楽な服装で結婚式を行うケースもあります。地域独特の着物ルールや結婚式のスタイルについては、結婚式前に新郎・新婦やお母様に確認を取っておくと良いでしょう。

黒留袖レンタル

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic