¥0
¥300000
  • お宮参り
  • 結婚式
    • 未婚女性
    • 既婚女性
  • 七五三
  • 結納
  • 卒業式
    • 小学生
  • 入学式
  • パーティー・祝賀会

身長

指定なし

ヒップ(11才以上)

指定なし

胴囲(3才~10才のお子様のみ)

指定なし

七五三(しちごさん)とは三歳の男女、五歳の男の子、七歳の女の子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事です。近年では10月・11月の吉日や土日祝日などを利用して、お祝い、お参りを行われることが多いようです。
基本的には、お宮参りをした地元の神社(氏神)へ行くしきたりになっていますが、御祈祷をしてもらえる大きい神社、人気の高い神社へ行いく方も多いようです。また、このような伝統に配慮し、キリスト教の教会でもこの時期に七五三のお祝いを行うことがあるようです。

七五三の由来

江戸時代に徳川綱吉の健康を祈って始まったと言われており、武家社会を中心に関東から広まったとされています。平安時代に公家で行われていた節目の儀式である、三歳の幼児が初めて髪の毛を伸ばす『髪置き』、五歳の男の子を祝う『袴着』、七歳の子供が付け紐をとり、本裁ちの長着を着て初めて帯を締めて祝う『帯解き』に由来します。
髪置きは、おかっぱにしていた髪の毛を伸ばし始める事であり、袴着は袴を左足から入れてはかせた子供を碁盤の上に立たせ、「四方を制する」の願いをこめて祈りを捧げる事です。七歳で行う帯解きが、特に大切な節目とされていた理由には『七歳までは神のうち』という言葉が示すように、昔は子供の死亡率が高かったことや、存在が不確定で魂が身体に定着していないと考えられていました。七歳になってようやく氏子として正式に認められるため、無事に成長したことへの感謝と成長の節目をお祝いとして、明治以降に現在の形として普及しました。それぞれの儀礼が『七五三』とまとめて大々的になったのは大正時代の頃といわれています。
体の弱かった徳川綱吉の健康のお祈りをしたのが11月15日で、その後庶民もそれにならって11月15日に歳祝いを行うようになりました。また、旧暦の15日は二十八宿という選日法で鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であったことや、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であったため、満月の日である15日に氏神への感謝を重ねたという話や、七五三をすべて足した数が15になる等の説も言われています。

七五三の意味

三歳・・・江戸時代は三歳まで髪を剃る習慣がありましたが、それを終了して男女とも髪を伸ばし始める"髪置(かみおき)"
五歳・・・男の子が袴を着用し始める"袴着"
七歳・・・女の子が、幅の広い大人用と同じ着物帯を結び始める"帯解"
と言われていたため、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にお祝いを行うようになりました。

お参りの時にもらう「千歳飴」。ちとせとは「千年」という意味で、親が自らの子の健やかな成長と長寿の願いを込め、「長く伸びる」という縁起にあやかり、おめでたい紅白の色で着色された長い棒飴が作られたといわれています。江戸時代に浅草の飴屋であった、七兵衛が売り出したのが始まりとされています。

七五三のお参りの時期

七五三を行う日取りは11月15日とされていますが、現在では家族や親族の都合に合わせ、お日柄の良い土日などを選んで行われることが多くなっているようです。古くは数え年の三歳・五歳・七歳でお詣りをしていましたが、最近は満年齢で行われることが多くなっております。また、兄弟姉妹合わせて一緒にお詣りすることもあり、その場合はどちらかが満年齢で、どちらかが数え年となることもあります。
御祈祷をしてもらう場合、必ず事前に予約をしておきましょう。お日柄のよい日程では既に予約がいっぱいということもあります。せっかくお詣りしても当日では御祈祷を受け付けてもらえないこともあるために注意が必要です。予約時には初穂料の金額がいくらであるかも合わせて聞いておきましょう。事前に祝儀袋に用意をしておけば、当日あわてることもありません。
祈祷をしている最中は子供の集中力がきれやすいもの。またふだんと違った環境に不安になってしまう子や飽きて騒いでしまう子も。そこで、祝詞の中で自分の名前が読まれるので、聞き逃さないようにがんばろうねと伝えておきましょう。そうすることで、少しは集中して過ごしてくれることでしょう。

七五三レンタル

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic