¥0
¥300000
  • お宮参り
  • 結婚式
    • 未婚女性
    • 既婚女性
  • 七五三
  • 結納
  • 卒業式
    • 小学生
  • 入学式
  • パーティー・祝賀会

身長

指定なし

ヒップ(11才以上)

指定なし

胴囲(3才~10才のお子様のみ)

指定なし

お宮参りをどこでしようか、と考える際「安産祈願と同じ神社でしたほうが良いの?別の神社でも良いの?」という疑問をいだく方もいらっしゃるかと思います。特に里帰り出産の場合は、産前産後に現在の住まいからしばらく離れることになりますから、どこに行けばよいのか悩むところです。ここでは同じ神社で行うべきなのかどうか、里帰り出産の場合はどうしたらよいのかについて紹介します。

安産祈願とは

安産祈願は、神様に子宝に恵まれたことを感謝し、誕生の日までおなかの中の赤ちゃんの無事と母親の健康を願い、ご祈願やお祓いをすることです。母体が安定してきた時期ですので水天宮などの有名な神社に参拝される方は多いですが、まだまだお母さんの体を大事にしないといけない時期でもありますから、体調に合わせて無理をせず近所の神社にお参りされることもあります。

赤ちゃん

里帰り出産の安産祈願

出産するにあたっては『里帰り出産』を選ぶお母さんはとても多いです。 自分の実家であれば家事や育児を手伝ってもらいやすいですし、何より安心して産前産後を過ごせることは大きなメリットです。ですから安産祈願も、近所の神社ではなく里帰り先でされる方も多いのです。出産するその土地の神様のところへ参拝する、という考え方で構わないでしょう。

里帰り出産のお宮参り

お宮参りの時期は産後約1ヶ月と言われています。その時期は、2時間おきの授乳で赤ちゃんのお世話がとても大変な中、産後の疲労や体の痛みがようやく少し回復してきたくらいの頃になります。里帰り出産をしていても、お母さんの体の調子が急激に良くなるわけではありませんから、まだまだ大変な時期に違いありません。

お宮参りは、住んでいる土地を守っている神様に赤ちゃんが初めてのお参りをする儀式です。
詳しくはこちら→
お宮参りの由来からすると自分が現在住居している地域を守っている氏神様に行くということになりますが、里帰り中であれば、実家のある地域の氏神様にお参りするのでも大丈夫でしょう。それでしたら赤ちゃんのおばあちゃん、おじいちゃんも一緒にお宮参りすることもできますね。
お宮参りは『安産祈願のお礼参り』という考え方もありますので、同じ神社にお参りできるのであればそれが良いです。ただ赤ちゃんとお母さんの負担が大きくならないようにすることが大切ですから、必ずしも現在居住している近くの神社にお参りをしなくても構いません。天候や赤ちゃんとお母さんの体調に配慮して、楽しく華やかなお宮参りになることを考えましょう。

里帰りのお宮参りで気をつけること

お宮参りは正式な儀式ですから家族全員でお参りできるのが良いです。主役の赤ちゃんはもちろんのこと、母親と父親も出席します。ですから土日、祝日を選んでお宮参りするケースが多いでしょう。
里帰り中に里帰り先でのお宮参りをする場合、母親のご両親なら参加しやすいですが、父親のご両親の参加はどうでしょうか。
慣習通りでいくと、赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母になります。日程調整をして父親のご両親が参加されると、より華やかなお宮参りになりますね。
しかし住まいが遠方だったり、仕事などでなかなか都合が合わないなど、さまざまな事情で一緒にお宮参りをすることが難しいことはあると思います。そのような場合は無理に慣習に合わせなくても大丈夫です。
実際、母方の祖母が赤ちゃんを抱っこされるケースも現在では多いです。お宮参りは神様に赤ちゃんの健やかな成長をお願いする行事ですから、参加できる家族のみなさんで、お祝いの気持ちを持って参加することが一番重要なことです。
また最近では産後1ヶ月という時期にこだわらず、お盆など連休で帰省できるときに、父方のご両親と近くの神社にお宮参りをすることもあるようです。いつどこでお宮参りをするのかについては、あらかじめ両家のご両親に相談しておくと良いですね。

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic