¥0
¥300000
  • お宮参り(通年)
  • 結婚式
    • 未婚女性
    • 既婚女性
  • 七五三
  • 結納
  • 卒業式
    • 小学生
  • 入学式
  • パーティー・祝賀会

身長

指定なし

ヒップ(11才以上)

指定なし

胴囲(3才~10才のお子様のみ)

指定なし

結婚式にお呼ばれした時に、みなさんは何を着て出席しますか?パーティドレスの女性が多い中、「和装で」というのもとても素敵ですね。成人式以来着ていない振袖、最近よく目にするレンタル振袖・・・でもどのように着ればいいの?色柄やコーディネートは大丈夫?親族だけど振袖をきてもいいの?など和装の細かい「疑問」がつきもの。
でもせっかくの結婚式の出席の機会に、基本マナーをおさえた美しい「振袖」姿を楽しむのもとっても素敵ですね。

結婚式に振袖で参列するときの基本マナー

晴れやかな結婚式という場に、振袖の女性がいるのは嬉しいもの。結婚式という場に華やかさを添え、お祝いのムードを盛り上げてくれます。でも、結婚式に振り袖で参列する際には、ちょっと気をつけておきたい点も。「成人式」の時とまったく同じスタイルで臨むと、知らないうちにマナー違反になることもあるんです。
まず気をつけたいのが「髪飾り」。最近では成人式に振袖を着る際に生花・造花等を髪に飾るスタイルが人気ですが、これは結婚式ではマナー違反。結婚式で生花や造花で髪を飾れるのは「新婦のみ」というのが基本的なマナーなんです。ティアラと見まごうような髪飾りや大きすぎる簪も、失礼となりますので避けましょう。
また、成人式で振り袖に合わせることが多い「ファーのショール」も、避けるのが無難。毛皮類は喩えフェイクファーでも「殺生(生きものを殺すこと)」を連想させるので、祝の場である結婚式には不向きとされています。防寒には大判のストール等がおすすめです。なお、振袖等の和装の場合、ショール類は、披露宴に入る前にはクロークに預けましょう。洋装のワンピースと異なり、和装の振袖のショールは「コート」扱いになるため、ショール類を付けたまま結婚式や披露宴に参加するのは失礼にあたります。
この他、例えば髪型・帯の締め方等が派手すぎないようにしておきたいところ。結婚式の主役はあくまでも「新婦」です。そのため、やはり花嫁の「白」を避けた地色の振袖のほうが良いかも知れません。結婚式に参列する際には、自分が主役だった成人式の時よりも控えめになるように意識しましょう。

親族として振袖を着るときのマナー

兄妹や親戚などが結婚式をする時に「振袖を着ようかな?」と思っている人も多いことでしょう。 もちろん、親族として参列する際にも振袖はピッタリです。
元々結婚式という場では、「招待をする側」である新郎新婦とその親族は招待客よりも格の高い「正礼装(もしくは準礼装)」でお迎えをすることが一般的とされています。「振袖」は未婚女性の第一礼装と位置づけられていますので、未婚女性である親族が招待客の方々をお迎えするにあたって、振袖は「ふさわしい」と言えるのです。
なお、親族として結婚式に振袖で参列する際には、新婦のお色直しのドレスや大振袖の「色・柄」を確認しておくことをおすすめします。結婚式には白い打掛(うちかけ)を着た新婦が、披露宴の場ではお色直しをし、紅色(赤)等の他、紫等の「色打掛け」や「大振袖」をお召しになることも多いのです。親族は新婦の傍で写真を撮られることも多いですし、できたら新婦がお召しになる大振袖・ドレスとは色・柄が被らないようにしておくのがマナーと言えます。
また、最近では新郎・新婦やそのご両親が「略礼装」で済ませるカジュアルな結婚式も増えています。新婦がワンピース、新郎が通常のスーツで、レストランなどで人前式を行うようなケースも多いようです。この場合、主役である新郎新婦やご両親よりも格が高い衣服である振袖を親族が着るのは避けたいところです。親族の結婚式が決まったら、まずはその式のシチュエーションや親族の衣装の「格」を確認しておくと良いでしょう。

友人として振袖を着るときのマナー

お友達の結婚式や披露宴は、振袖を着る絶好の機会。でも、結婚式に友人として振り袖で参列する際には、ちょっと気をつけたい点もあります。例えば成人式の場合、振袖は「晴れ着(祝いの着物)」という意味合いが強いもの。主役は振袖を着る女性本人ですし、その着こなしはある程度自由に決めて良いものです。
しかし結婚式となると振袖は「礼服」という意味合いを強く持ちます。フォーマルな場の礼服ですから、品を持った着こなしが必要です。また主役はあくまでも新郎新婦なので、招待客である友人の立場では一歩下がった「控えめさ」も大切になります。例えば、レースの半襟や手袋を合わせるのは「カジュアルな着こなし」なので、避けた方が無難です。また帯は大きく文庫(ぶんこ)に結い上げるのではなく、体にフィットするような形に結うのがおすすめです。
長い髪をおろしたり、ハーフアップにするのもカジュアル過ぎるので避けたいところ。アップにする場合にも髪を大きく盛り上げるなど「新婦よりも派手になりそう」な髪型は避けておくと良いでしょう。
なお、最近では30代前半、中には20代後半の女性でも「振袖は派手かも・・・」と敬遠している方も多い様子。しかし、そもそも振袖は「未婚女性の礼服」であり、年齢を問うものではありません。帯揚げや帯締めなどの小物を変えたり、髪型をシックな雰囲気にするだけで、30歳代以上でも「大人の振袖の着こなし」ができます。是非、上品な大人の女性らしい振袖姿に挑戦してみてください。

振袖レンタル

かしきもの宅配レンタルの特長Characteristic